2009年05月12日

『からすのパンやさん』




♪パン、パン、パンやさんへ おっかいもの〜♪

と歌いながら、この絵本を持ってくる弟。

「パンやさん読んでぇ。」

この絵本を開きながら、弟の心は、本当に
“いずみがもりの くろもじさんちょうめの パンやさん”へ
お買い物に行っている。

「今日は、ぜーんぶ、買ってあげるね。」

そういって見開きにわたるたくさんのパンを両手に抱えて、
母の口に入れてくれる。

自分は、きまってパンダパン。

十分、かわったパンを食べて、絵本を読み終えると・・・

「チョコちゃんにあいたくなっちゃったなぁ。
いずみがもりにいく?けっこう、近いんだよ。」

とベッドで言う弟には、枕元にこの絵本をおいてあげて、

「夢であえるといいね。」

と・・・果たして、今夜、弟は、大好きなオモチちゃん、レモンちゃん、リンゴちゃん、チョコちゃんに出会えたかしら?


そうそう、週末、父と兄と弟3人だけで、「からすのレストラン」へ
行ってきたとか・・・すかい○ーく?!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

posted by はは at 00:27| Comment(2) | TrackBack(0) | たべもの絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。