2009年04月15日

『こいぬのうんち』



弟、初登園の帰り道〜その2

タンポポが、きれいで、かわいくてしようがない弟は、たんぽぽ摘みに夢中。

「タンポポ、あったぁ!」

と駆け寄ると・・・「うんちもある〜。」


タンポポにうんち!
母の頭には、この絵本がぴん!と浮かぶ。
まだ、読んでも分からないかなぁと思いながらも、帰宅後、読んでみる。

手足もあって、目もあって、そして、泣き出す「こいぬのうんち」。

弟は、「これ、うんち君?」と・・・
うんち君が寝ているところに、にわとり親子が集まってくると、
弟は、うんち君に危機が迫っているのをかんじたのか、母の背に隠れて、ページをのぞきこむ。

雨のなか、うんち君が、たんぽぽと向き合い・・・

“「うんちくんが ぜーんぶ とけて、
私のちからに なってくれることなの。
そうして はじめて、わたしは おほしさまのように
きれいな はなを さかせることが できるの」”

“こいぬの うんちは、うれしくて うれしくて、
うれしさの あまり、たんぽぽの めを
りょうてで ぎゅっと だきしめました。”

神妙に聞き入る弟。
そばで遊んでいた兄も、絵本をのぞきこんでいる。


そして、翌々日の登園時・・・昨夜は大雨。
さて、絵本のように、うんちは、溶けてたんぽぽに染み入ってしまったか?

「うんち、まだあるかな?」

とたんぽぽより、うんちが気になる弟。

コンクリートの隙間から生えているたんぽぽは、今日も元気。
そのお隣のうんちは、コンクリートにしみこめず、今日もあった。

うんちには、ハエが2匹とまっていた。

兄「ハエはうんちを食べてくれるんだよ。だから、お掃除してくれるんだよ。」

と、弟に教えている。

母は、ハエがうんちを食べているんだかどうだかは知らない。
でも、道端の犬のうんちが、ハエには必要なものだ。
兄の理論で行くと、道をお掃除してくれるハエも必要なものだ。

クォン・ジョンセン氏の「生きているものは、すべて意味がある」というメッセージと一致した?!

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村



posted by はは at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 母の趣味<韓流絵本> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。