2009年03月25日

『たまごにいちゃん』



ついに、年中もおわり、春休みに入った。
兄は、年長になりたくない。

年長さんとの係りの引継ぎの時も、ごねたらしい。
年長さんのお仕事、うさぎ小屋の掃除も・・・
年長さんのクラスカラーの布を「いらない!」と先生から受けとらなかった。

年長さんは、年中に独楽まわしを教える。
「ぼくだけできないから、年長になりたくない。」
年長さんは、合宿で2泊3日、山にこもる。
「合宿になったら、幼稚園やめる!」

そんな兄に、どういう言葉をかけたらいいのだろう。


いつまでも、たまごのからから出たくない「たまごにいちゃん」。
でも、ふいの事故でたまごのからが、われてしまった・・・
そのときのおかあさんの言葉がすてきだなと思った。

“「あら まぁっ、きゅうに
おおきくなっちゃったわね、おにいちゃん。
でも とってもすてきよ」”

“みずたまりにうつった
じぶんの すがたを みました。
もう かわいい たまごでは ありません。
でも、おもったより かっこいい じぶんが
たっていました。
「うん、きみ わるくないよ」
みずたまりの なかの じぶんに、
そっと いいました。”

たまごにいちゃんみたいに、兄もかっこいい自分も好きになってくれるといいな。
大丈夫、独楽だって、今日2回もまわせたんだから!!


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
posted by はは at 09:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 贈りたい絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

『歌の絵本ー日本の唱歌よりー』




幼稚園の図書室で、どこからか抜いてきたのか、弟が手にしていた本。

ぱらぱらめくると、安野光雅さんの素敵な絵、版画!
これをじっくり眺めるだけでも、価値あり!と思い、借りてきた。

サブタイトルにあるように、「日本の唱歌」が、30曲掲載されている。
おまけに、楽譜まで。

兄に「歌って。」といわれたけど、母は、半分も歌えなかった。
知らない歌ばかり。
その知らない歌のひとつが、「かかし」

兄は、幼稚園で習って、大好きな歌。

♪ヤマハのなかの いっぽんあしの かかし〜♪

ヤマハ???

“山田の中の 一本足のかかし
天気のよいのに みのかさ着けて
朝から晩まで ただ立ちどおし
歩けないのか 山田のかかし”

いまでは、ちゃんと「やまだの〜♪」と大きな声で、道端でも歌っている。

それにしても、唱歌って童謡とは、ちょっと違うらしい。
学校で習うはずの「唱歌」は、今、どれほど歌われているのか・・・

歌ったこともないし、知らない歌が多かったけど、
歌詞を読み、安野光雅さんの絵を見ていると、日本の美しさを再認識できる。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
posted by はは at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 贈りたい絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

『あおくんときいろちゃん』

『あおくんときいろちゃん』
(レオ・レオーニ作 藤田圭雄訳/至光社)





こんなにシンプルで、こんなに奥の深い絵本があるかしら・・・

表紙カバーによると、作者レオ・レオーニは、孫たちのために、
手近の紙に色をつけて、次々に登場人物を創り出したところ、
孫たちも、レオ・レオーニ自身も夢中だったそうだ。

まるい「あおくん」とまるい「きいろちゃん」は、仲良し。
やっと会えたと、抱き合うと・・・みどりになっちゃった!!


幼稚園に入って間もないころ、兄のティーシャツが、
水色の絵の具で染まって帰ってきた。

幼稚園に「あおくん」が来たそうだ。

この絵本を読んでもらったあとに、
水色のフィンガーペインティングで遊んだのだ。

そんな楽しみ方もある。

そして、それから8ヶ月がたち、今の時期読むと、母は思うところがある。

幼稚園の先日の懇談会は、「3,4歳児のごっこ遊びとみたて遊び」が
テーマだったからか、この絵本を夢中に聞いている兄を見ると・・・

絵本の中の「あおくん」と「きいろちゃん」を人物に見立てて、
絵本の世界を十分に楽しんでいるのだ。

このお年頃の子は、ごっこ遊びが大好きで、
石でも、そのへんの何でも、いろいろな物に見立てて遊ぶことができるのだ。

そんなお年頃の子に、なんて素敵な絵本なんだろうと思ったのである。

再び、表紙カバーによると、アメリカでは、青と黄色が重なって、
まったく違った緑になるというテーマが、人と人の心の融合を
暗示するものとして、大人たちの間でも好評だそうだ。

なるほど、そういった見方もあるのか、この絵本には・・・

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
posted by はは at 21:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 贈りたい絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

『おたすけこびと』

『おたすけこびと』
(なかがわちひろ文 コヨセ・ジュンジ絵/徳間書店)






今日は、弟の2歳の誕生日。

今、弟がいちばん好きな絵本。

ママの「では、よろしくね」で始まるこの絵本、
大好きなはたらく車たちが、何をするかというと・・・

弟は、ミキサー車を指差して、「ミ、ミ!」と喜んでいるけど、
実は、このミキサー車、生クリームをミキサーしている。

クレーン車は、卵を運び、ブルドーザーは、小麦粉を集めて・・・

そう!お誕生日ケーキを作るために働いているのさっ。

だから、クレーン車の先に、泡だて器のような機能のついた車もあり、あり。
生地をボールから、かたに流すのは、ポンプ車のような・・・なんだあれ?

弟には、そんなこと関係ない。
どれもこれも実在する車だと思っているのだろう。

おいしそうに出来上がっていくイチゴのバースデーケーキ。
絵本に口つけて、ホールまるごと食らいつく弟。

ママの「おまちどうさま」で終わるこの絵本。
まさに、今日、我が家にも「おたすけこびと」こないかなぁ。

2歳、オメデトウ
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
posted by はは at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 贈りたい絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

『わたしのワンピース』

『わたしのワンピース』
(にしまきかやこ/こぐま社)





ご近所の女の子あーちゃんが、アメリカから帰ってきた。
ちょうど一年前、旅立つあーちゃんにプレゼントしたのが、
この絵本。

表紙は、お花畑とミシン、カタカタ・・・のウサギさん。
かわいい。

当時、兄2歳11ヶ月。
スカートとワンピースの違いもわからないだろうに・・・
いや、これでワンピースに目覚めて、着たい!
なんて言われても困るし・・・

と、男の子には、ちょっと・・・と思っていた。
しかし、お友達にあげるんだから、どんな絵本なのか
知っておかなくちゃね。

図書館で借りると、はまる、はまる兄。

はなもようのワンピース、みずたまもようのワンピース。
“わたしににあうかしら”
に「似合う!」と嬉しそうに答えている。

男の子だから・・・と勝手に決め付けちゃダメなんだね。

おかえりなさい、あーちゃん♪↓
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
posted by はは at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 贈りたい絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

『ちびゴリラのちびちび』

『ちびゴリラのちびちび』
(ルース・ボーンスタイン/ほるぷ出版)

今日は、兄、4歳のお誕生日!
この絵本を読んであげたいな。

“みんなは いまでも ちびちびが だいすきです。”

兄よ、そう、その通り!
どんなに大きくなっても、大好きだから、大丈夫よ。

3歳になるときも、
「3歳になりたくないよぉ。まだ赤ちゃんだもん。」
と泣いた兄。

今年は、泣きはしないけど、
「3歳がいいなぁ。大きくなっても、抱っこしてくれる?」
と思わず、ぎゅっと抱きしめたくなる一言。
もちろん、いっぱい抱っこしてあげるよ。

弟が生まれて、激しい赤ちゃん返りをした兄。
1年半以上経ち、弟がかわいくなってきたものの、
母を独占できなかったりすると、まだやっぱり、寂しいんだよね。

この絵本は、今や、弟の愛読書になっている。
ちびちびを探しては、指をさし、
ちびちびをぎゅっとしているゴリラを指差し、「ママ?」
ちびちびにちゅっとしているゴリラを指差し、「パパ?」


兄のお誕生日プレゼント絵本は、本人の希望により、
『しげみむら おいしいむら』(カズコ・G・ストーン/福音館書店)





posted by はは at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 贈りたい絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。